土地のトラブルを避ける。Avoid land troubles.

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

皆さまは、土地の境界を確かめてみた事がありますか?

古い家屋は、境界線は無い事が多いです。

気になるのは、新しく分譲された家屋でも境界線が曖昧になっているケースが非常に多く見受けられます。

土地の境界は、杭打ちしています。

その杭打ちが、無い家屋が非常に多いのは、残念な事です。

私は、古い土地を整理した事がありますが、土地を囲む塀が、共有物で有ったり、向こう様の物で有ったり、こちらの物で有ったりしました。

日本には、時効による土地、建物の取得が、民法によって定められています。

その民法は、ケースによりますが、20年間平穏公然と所有者のように占有し続けるとその所有権を取得する、と有り、占有をはじめるにあたって占有者が、自己の所有物と信じ、かつ、そう信じるのに過失がなかった場合には、10年に短縮される。という事項が有ります。

これを民法では、「取得時効」と言います。

これを知ることは、大切です。

これは、「土地家屋調査士」に頼めば、解決します。

お近くの「土地家屋調査士協会」の名簿から業者をいくつか、選んで、見積もりをとってもらいましょう。

それは、業者によって、大手や専属で有ったり、個人との取引を重点において営業しているからです。

自分に合う業者を選んで、依頼しましょう。

かかる料金は、折半(お互い50%づつ持つこと)です。

先方にも連絡して立会って境界を確認して杭打ちします。

ですが、私の場合は、金額の交渉迄は、面倒でしたので、全部自己負担でしました。

中古物件を見ていても、境界でトラブルが分かる物件も多数有ります。

目が肥えないと、分かりにくいです。

ですから、ご自分の持っている不動産に杭打ちが無かったり、買いたい中古物件に杭打ちが無い時は、早めに境界を確かめて、杭打ちする事をお勧め致します。

追記 「取得時効」は、動産(不動産以外の資産のこと)にも適応されます。

「動産」とは、不動産以外の資産の事。負債(借金)も含まれます。

これからの土地家屋調査士の実務と課題ー境界紛争ゼロ宣言の実現を目指して 本 Practical tasks and issues of land and house investigators in the future-aiming for zero boundary declaration Japanease books

https://amzn.to/2QkXncc

Have you ever checked the boundaries of the land?

Old houses often have no borders.

What is worrisome is that there are a lot of cases where the boundaries are ambiguous even in newly sold houses.

The boundary of the land is piled up.

The boundary of the land is piled up with a metal silver plate.

It is unfortunate that there are so many houses without such piles.

I have arranged old land, but the fence surrounding the land was a common thing, something like that, or something like this.

In Japan, the acquisition of land and buildings by aging is stipulated by the Civil Code.

The civil law depends on the case, but it is said that if it continues to occupy like the owner in peace for 20 years, it will acquire its ownership, and the occupant believes that it is his property when starting occupancy, and so If there is no negligence to believe, it is shortened to 10 years.

There is a matter.

This is called “acquisition aging” in civil law.

It is important to know this.

This can be solved by asking a “land and house investigator”.

Choose a number of vendors from your local “Landhouse Surveyor Association” list and get an estimate.

This is because some companies are large, exclusive, or operate with a focus on transactions with individuals.

Choose a business that suits you and ask.

This fee is 50/50 (50% each other).

Contact the other party and witness to check the boundary and stake out.

However, in my case, it was cumbersome until the price was negotiated, so it was all at my own expense.

Even if you look at second-hand properties, there are many things that you can see that you gave up at the boundary.

It’s hard to understand if you don’t develop your eyes.

Therefore, if there is no stakeout in the real estate you own, or if there is no stakeout in the used property you want to buy, we recommend that you check the boundaries as soon as possible and stake out.

Add “Acquisition aging” also applies to movable property.

“Moving property” refers to assets other than real estate. Includes debt.

コメントを残す