日本の魅力ある街並みの取組み。Japan’s attractive cityscape initiatives.

日本には、法律で「景観緑三法」というのが、策定されています。

これは、街並みの「眺めた景色」を綺麗にする為の法律です。

その都市の特徴に合わせて、「緑地」や「建物」を規制することができます。

法律になったのは、2004年6月ですが、その以前から都市として策定できる「景観法」が、「条例」として、策定されていました。

そのなかで、最も「景観法」に熱心に長年に渡り熱心であった都市は、「京都」です。

日本は、古い建物を維持する事は、新しい住宅を建てるよりコストがかかります。

京都の「町屋」は、そのようにして守られてきました。

企業の「看板」もより目立つようにデザインされますが、この「京都」では、それさえ規制の対象になります。

ですから、街並みに溶け込んだ「色」を使って「特別に」デザインします。

これは、「京都」発祥です。

又、法律に適応しない都市でも、独自に「条例」を作ってイメージを良くする事に取組みしている都市は、多いです。

良い住民と都市の価値を上げる為に、努力しています。

その条例を知ることは、今後の自分の住まい探しや、投資にとって一つの指標となります。

一生の内の大イベントなので、「都市」のイメージではなく、「行政の方針」を勉強して、今後どのようになっていく「都市」なのか、調べる事は大切です。

大きな買い物ですので、後悔のないように納得されるまで、検討してください。

In Japan, the “Landscape Green Three Law” has been formulated by law.

This is a law to clean the “viewed landscape” of the cityscape. You can regulate “green spaces” and “buildings” to suit the characteristics of the city.

Although it became a law in June 2004, the “Landscape Law” that can be formulated as a city before that was formulated as “Ordinance”.

Among them, “Kyoto” is the city that has been enthusiastic about the “Landscape Law” for many years. In Japan, maintaining an old building is more expensive than building a new home.

Kyoto’s “machiya” has been protected in that way.

Corporate “signboards” are also designed to stand out more prominently, but even this “Kyoto” is subject to regulation.

Therefore, we design “specially” using “colors” blended into the cityscape.

This is the origin of “Kyoto”.

Even in cities that do not comply with the law, there are many cities that are making their own “ordinance” to improve their image.

We strive to increase the value of good residents and cities.

Knowing the ordinances will be an indicator for your future home search and investment.

It ’s a big event in my life, so it ’s important to study the “administrative policy”, not the “city”, and find out what the “city” is going to be.

Since it is a big purchase, please consider until you are satisfied with no regrets.

コメントを残す