日本の不動産の評価。Evaluation of Japanese real estate.

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

日本の不動産は、駅から○分と表示があります。

これは、1分80mと換算されます。

もし、500mでしたら、500÷80=6.25 ですが、端数切り上げで、7分と表記されます。

やはり、駅近く、が好まれます。

徒歩、10分が一つの目安です。

駅近くは、希少性が有ります。

特に日本は、災害の多い国であり、又、高温多湿の気候風土なので、一般的に建物の寿命は短いです。

ですから、容積率を上げてマンションを作っている所も有りますが、それを疑問視する専門家も存在します。

駅から遠くなりますと、人口密度が低いので造成して土地を利用出来ますので、自ずと土地の供給が多くなりますので、買った値段より、土地評価が下がるリスクが有ります。

これが、今、話題になっている、土地の二極化です。

日本には、このような住宅事情が有ります。

Japanese real estate is marked with a minute from the station.

This is converted to 80m per minute.

If it is 500m, 500 ÷ 80 = 6.25, but rounded up to 7 minutes. After all, the station is preferred.

One guide is 10 minutes on foot.

There is rarity near the station.

In particular, Japan is a disaster-prone country, and because it is a hot and humid climate, building life is generally short.

Therefore, there are some places where the floor area ratio is raised to make condominiums, but there are experts who have doubts about it.

If you go farther from the station, the land density will be low and you can use the land, so the land supply will naturally increase, so there is a risk that the land evaluation will be lower than the price you bought.

This is the polarization of land that is now a hot topic.

Japan has such a housing situation.

コメントを残す