自分から「亡くなった」時を、デザインしておく必要があります。It is necessary to design the time when you “died” from yourself.

google.com, pub-4447865044693326, DIRECT, f08c47fec0942fa0

良く宣伝で、380,000円で葬儀ができます。とあります。

本当にそれだけのお値段で葬儀が、出来るのでしょうか。

私の経験から申し上げますと、答えは、「出来ません。」と言う事です。

一般的に日本では、宗教がありますので、その形式でとり行う事になります。

宗教は、とてもお金がかかり、亡くなった後の「戒名」(カイミョウ)を付けたり、儀式に打たれる「ドラ」を叩くにも1回50,000円と言う形で、ドンドン、金額が積み上がります。

ですから、お安いプランでも、2,000,000円を用意しておいて、いくらお釣りがくるかというのが、相場です。

生前から、お墓を市民墓地に建て、お寺との距離を置いて、お墓に「生前の実名」を刻む方もおられます。

又、医学の学習にと「献体」しておいて、葬儀をする準備をする方もいます。

大阪市天王寺区には「一心寺」という共同のお寺があり、自分の「お骨」を皆さまの「お骨」と共に「お骨佛」(遺骨で造る阿弥陀如来像)、自然葬等、多彩です。

生前に自分で決めておく事は、遺族にとって、「思いやり」になります。

It is well advertised and can be funeral for 380,000 yen. There is.

Can you really have a funeral at that price?

From my experience, the answer is “I can’t.”

Generally in Japan, there is a religion, so it will be done in that format.

Religion is very expensive, and even if you add a “Name after death” hit a “Dora ” struck by a ritual, the amount will increase 50,000 yen once .

So, even if you have a cheap plan, you can prepare 2,000,000 yen and the price is how much fishing will come.

Some people have erected graves in their citizens’ cemeteries from the beginning of life, carved their real names in their graves at a distance from the temple.

Amida Nyorai Stature made by some people remains at Isshinji.

And natural Funeral,etosetora.

Also, some people are “dedicated” to study medicine and prepare to have funerals.

In Tennoji Ward, Osaka City, there is a joint temple called “Isshinji”. temple is.

Deciding for yourself before you live becomes “caring” for the bereaved.

コメントを残す