株式投資法。Stock investment law.

株式投資を始める時に、現金、信用売買、の2種類があります。

信用売買は、とてもリスクが有り、一般の方が、始めるのには「現金」をお勧めします。

一般的に95%の人が、5年後にはリタイアしている世界であるからです。「現金」の場合、2種類の売買方法があります。

「相場の値段で買う」方法と「ドルコスト法」です。

この「ドルコスト法」は、毎月同じ金額を買う方法です。

永いスパンで見れば、金本位制が廃止された市場は、「インフレ」なので、永く時間が経つと、リスクを下げ、投資ができる手法です。

それぞれに合ったスタイルで投資をする事をお勧めします。

When starting a stock investment, there are two types: cash and credit trading.

Credit trading is very risky and the general public recommends “cash” to get started.

This is because 95% of people are generally retired in five years.

In the case of “cash”, there are two ways to buy and sell. “Buy at the market price” method and “Dollar cost method”.

This “dollar cost method” is a method of buying the same amount every month.

If you look at the long span, the market where the gold standard was abolished is “inflation”, so over time, it is a technique that can reduce risk and invest.

We recommend that you invest in a style that suits you.

コメントを残す